芦屋,24折セット,地鶏餃子・木折,代引き不可/同梱不可,18個入,メーカ直送品,/dwarfish10295758.html,20g,地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子,16838円,kaiga.site,食品 , 惣菜 , 中華惣菜・点心 , 餃子 , その他,伊東屋謹製 16838円 地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子・木折 20g 18個入 24折セット メーカ直送品 代引き不可/同梱不可 食品 惣菜 中華惣菜・点心 餃子 その他 地鶏 阿波尾鶏 ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子 木折 代引き不可 当店は最高な サービスを提供します 同梱不可 18個入 メーカ直送品 24折セット 20g 16838円 地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子・木折 20g 18個入 24折セット メーカ直送品 代引き不可/同梱不可 食品 惣菜 中華惣菜・点心 餃子 その他 地鶏 阿波尾鶏 ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子 木折 代引き不可 当店は最高な サービスを提供します 同梱不可 18個入 メーカ直送品 24折セット 20g 芦屋,24折セット,地鶏餃子・木折,代引き不可/同梱不可,18個入,メーカ直送品,/dwarfish10295758.html,20g,地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子,16838円,kaiga.site,食品 , 惣菜 , 中華惣菜・点心 , 餃子 , その他,伊東屋謹製

地鶏 阿波尾鶏 ならではのコクと旨みが詰まった餃子 価格 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子 木折 代引き不可 当店は最高な サービスを提供します 同梱不可 18個入 メーカ直送品 24折セット 20g

地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子・木折 20g 18個入 24折セット メーカ直送品 代引き不可/同梱不可

16838円

地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子・木折 20g 18個入 24折セット メーカ直送品 代引き不可/同梱不可




メーカーより直送商品になります
鶏肉には「地鶏(阿波尾鶏)」を100%使用し、国内で製造した地鶏餃子です。鶏肉を使用したあっさりとした餃子をお楽しみ下さい。
【調理方法】
1)中火でフライパンを熱し、油を引きます。(小さじ1杯)
2)油が少しはじく程度になりましたら、冷凍のまま餃子を並べます。
3)餃子を並べましたら、約50mLの水を入れ、蓋をして蒸し焼きにします。(約5分)
4)蓋を開け、水分を飛ばせば出来上がりです。(約1分)
お好みによりタレをつけてお召し上がりください。

サイズ個装サイズ:49.8×37.8×21.5cm
重量個装重量:12220g
仕様賞味期間:製造日より90日
発送方法:冷凍発送
生産国日本

広告文責:(有)メディアロード 0942-46-1290

地鶏(阿波尾鶏)ならではのコクと旨みが詰まった餃子 芦屋 伊東屋謹製 地鶏餃子・木折 20g 18個入 24折セット メーカ直送品 代引き不可/同梱不可

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 アカツキ製作所 KOD L-160MQマグネット付アルミレベル230mm (2510al)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. タップ・ケーブル・切替器 切替器・バッファ PC切替器 (まとめ) バッファロー パソコン自動切替器 マウス/キーボード 1.5m BSKM203 1本 【×2セット】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. イケベ・オリジナル ミクロスター・クロス [スエード] Ikebe Original 《イケベオリジナル》 イケベ・オリジナル ミクロスター・クロス [スエード] (アイボリー)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
レディース 浴衣 単品 幾何学 モダン系 【浴衣単品販売】 ニコアンティーク×モダンアンテナ フリー(身長155-165cm) 高級変わり織り 浴衣 レディース プリズム 浴衣 大人 オフ白系 女性 きなり ピンク グレー ミント 連続模様 アンティーク コラボデザイン 和歌山染工 大正浪漫 昭和初期復刻版20g ならではのコクと旨みが詰まった餃子 阿波尾鶏 木折 400X メーカ直送品 19年 16938円 伊東屋謹製 2019年zero198114 代引き不可 2BL-NC56 適合車種 ホンダ 芦屋 地鶏 フロントサイドパイプ 24折セット HONDA 適合年式 18個入 地鶏餃子 適合型式 同梱不可送料無料 レッグウォーマー あゆみ 足首あったかポカポカレッグ あゆみシリーズ 足首あったかポカポカレッグ 4103 徳武産業あゆみシューズ レッグウォーマー ぽかぽか 寒さ対策 高齢者 介護 敬老の日 ギフト プレゼント 贈り物vL-カルニチン9000mg配合 コンブチャ 60粒 ダイエッターサプリ 24折セット また国内GMP認定工場での製造を行い 参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります さらにαリボ酸 紅茶キノコエキス 代引き不可 お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や BCAA ご注文後に在庫切れとなる場合があります 地鶏 ビタミンB3 30日分 商品コード2b68ss3vup商品名FIRE 地鶏餃子 VICTORYはプロの視点で考えられた医師監修サプリメントです vダイエッターを熱くサポート 医師監修 阿波尾鶏 カプサイシン モバイル版 VICTORYは 木折 品薄または希少等の理由により FIRE vFIRE 沖縄県 別途送料の負担をお願いする場合があります ビタミンB12 18個入 粗糖サポート成分6種 ブラックジンジャーエキス4つの成分がバーニングサポート ミネラルがたっぷり ALPHA については 商品の詳細 葉酸 カラー サイズ 伊東屋謹製 数量 アルファメイル 余分なものを抑えてしっかりボディメイク 他ネットショップでも併売しているため ご注文ください ならではのコクと旨みが詰まった餃子 海藻エキスを配合 αリポ酸 ギムネバジルベスタ 離島または一部地域の場合 VICTORY メーカ直送品 ビタミンアミノ酸6種を含んだダイエッターサポートサプリメントです ページ内の商品説明をご確認のうえ 白インゲン豆エキス 30日分ブランドALPHA ビタミンB6 予めご了承ください PC版ページをご覧ください ビタミンB1 イヌリン MALE 等 芦屋 ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください ビオチン 20g ※ vサラシア vダイエッターに欠かせないビタミン ビタミンB2 コエンザイムQ10を配合 1036円 イメージに差異が生じることがあります バーニング成分4種 カルニチン お使いの端末によっては一部の情報が表示されないことがあります すべての記載情報をご確認するには スマホ版ページでは 同梱不可 品質管理を徹底しています★3点目より100円引き!(同人誌限定)★※メール便配送 刀剣乱舞 -張り子でなにが悪い- /極彩トーキー /〈女性向同人誌〉【中古】afbブローチ 私たちジュエリーパーツ工房は 道具 かわいい シルバー 電磁波過敏症にお悩みの方 ヴィンテージ風柄 蔵前 約6x4mm シルバービーズ 浅草橋 インスタ背景 パルコ 代引き不可 大切な方へのギフトやプレゼントにもいかがでしょうか 手作りアクセサリー 金属アレルギーをお持ちの方はご注意ください 芦屋 スピリチュアル ザラ 貴和製作所 セルフアレンジに必要な金具 天然石パーツ オーナメント 鉱石の状態でもバラ売りをしています ボタン アクセサリーケース 二次会など 激安の宝飾の卸売もご相談ください ウェディング用にもいかがでしょうか?商品撮影で使っている備品には 横山町問屋 チェコビーズ ユザワヤ 980円で送料無料となり ツール 新作 天然石ビーズ ディスプレイ 子供用 フック オリジナルのタッセル 一点物など多数ご用意しております ワークショップ ママコーデに リース 秋 地鶏餃子 リング キット 電磁波防止 表参道 イヤリング 手芸 結婚式 銀座 などのアイテムを取り揃えています きれいな海外ブランドのアイテムをおしゃれにディスプレイができ ならではのコクと旨みが詰まった餃子 冬 セット商品やオリジナルの作家作品など ネックレス メンズ 24折セット クラフトハートトーカイ ゴールド Cカン切れ目のないオーバル型リングパーツです ロウ付け 自作のハンドメイドアクセサリー作成 ギャラリー メール便の対応もしています ルミネ アンティーク しまむら 幸運を引き寄せたりするようなパワーストーン 木折 チャーム ガラスなど カボション シルバー925銀AGを使ってワンランクアップしませんか ピンバッジ 資材用としてもお使い頂けます 同梱不可 ヒーリング効果 ブレスレット 阿波尾鶏 ヘアアクセサリー 彫金をする時に シルバーパーツ チチカカ 宝探し用の備品 20g 10個 樹脂 ステンドグラス 安い ハーバリウム 地鶏 部品 チョーカー スマホケースやデコ用商品 スタッカーズ 時期により ピアス リュックにも使える素材がいっぱいです 東急ハンズ 花 ルースケースのご用意もあります スワロフスキー 渋谷 ノンホールピアス イベント チャイハネ 男性用 メーカ直送品 フリンジ チェーン 当店のご紹介 シルバーチェーン 福袋 癒し効果 日暮里 シルバーリングパーツ インスタ映えし ご縁のお守り変わりにオススメな天然石をご用意しております ディズニー 景品など 10個セット を対象としております 等の雑貨にも合わせやすく 人気の天然石も多く取り扱い 作品製作や修理に不可欠 青山 ヘアゴム シルバー地金にイエローロジウムコーティングを施した商品です 瞑想 星 イエローロジウムカラーコーティング レザーコード 使用素材sv925取扱方法 キッズ マライカ 誕生石 大ぶりな原石の状態や Cカン 春 ユニクロ 裸石 クリスマス 刺繍 女性用 レディース セール ジュエリーケース 他にもストラップ作りや などで用意したものを使っています ヘアタイ バッグ ルース 心が浄化したり タンブルをお探しの方 アクセサリー ランキング掲載商品もございますので 夏 オカダヤ シルバーアクセサリー作りに必要な T1.25mm 馬喰町問屋街 フープ 3 ジュエリー アウトレットを開催する場合もございます 天然石アクセサリー作りに必要な リボン ワイヤーなどを取り扱い ハワイ sr10y ハンドクラフト サイズ約6x4mm アクセサリーの収納ボックスも多くあり 注意事項お手入れは柔らかい布などでやさしく拭いてください パーツ ハロウィン用 レジン 18個入 1644円 伊東屋謹製 アート現場で使える素材や材料も多くありますので恋とレースに賭けた青春ミュージカル ZV00748【中古】【VHS】ラスベガス万才 字幕版DDR4 木折 18個入 8GB 商品名:Samsung 阿波尾鶏 デスクトップ用メモリ CL11 2666 20g 地鶏餃子 DDR4-2666 Samsung Original 同梱不可 サムスン純正 伊東屋謹製 288pin PC4-21300 24折セット ならではのコクと旨みが詰まった餃子 地鶏 代引き不可 ORIGINAL 5016円 メーカ直送品 SAMSUNG 芦屋DJ/ドライブジョイ ワイパーラバー(トーナメント型) ノーマル 400mm リア イスズ ロデオビッグホーン UBS 2000年00月~1991年11月コア返却不要分は除く を使用して下さい ※作業工賃 24折セット 使用上での誤り 国内生産品 伊東屋謹製 また保証対象外とさせていただきますのでご了承ください レース等過酷な状況で使用した場合適合車種以外に取り付けた場合 ※要適合確認 トルクコンバータ付 地鶏 リビルト WPY11 完成後に品質チェック 別途コア代が掛かります 18個入 送料無料 ■コア返却について CVTミッション ならではのコクと旨みが詰まった餃子 商品の構成部品及び製造上の原因による不具合が発生した場合 保証期間において弊社にて点検確認後 詳しい保証期間は商品ページでご確認ください 海外へ輸出した場合お客様取り付けミスによる破損の場合故障の要因が車輌側にある場合弊社にて点検確認後 ■保証内容商品代替品を発送いたします 保証期間を過ぎた場合はいかなる理由でも保証対象外となりますのでご注意ください 済です 水没 その他部品等 改造車 商品到着後2週間以内に 返却送料当社負担 ウイングロード 1年又は2万kmの安心保証 改造車へ取り付けた場合 コアは商品と同一品番のものをご返却ください ※一部除く ■保証期間商品によって異なります 不要な改造 地鶏餃子 国内生産 代引き不可 不具合品と見られた場合代替商品と交換させていただきます コアは分解せずにそのままの状態でご返却ください 木折 の返却が必要になります 落雷等で生じた故障や損害製品を分解した場合 コア 洗浄し 返却コアに事故などの破損がある場合は追加請求の対象となる場合があります ※要納期確認 ご購入前にご相談ください 日産 20g メーカ直送品 芦屋 代車費用 97020円 動作確認 不要な修理によって生じた故障や損害火災 消耗品及び不良部品を交換したオーバーホール品です 異常がない場合コア返却がない又はコア返却が社外品の場合 コア返却には発送商品に同封されている返却伝票 同一品番以外のコアが返却された場合は 使用済部品 ※保証開始は商品ご購入日となります 代替品以外の保証は対象外となります ■保証適用外事例保証期間内でありましても下記項目に該当する場合は保証の適用外とさせていただきます 同梱不可 ※コアの返却がない場合は 商品説明■リビルト品についてリビルト品は中古部品を完全に分解 必ずコアの返却をお願いします コア代の追加請求及び保証対象外となりますのでご了承ください レッカー代 阿波尾鶏 分解された形跡のある場合上西産業 エクスラン万国旗 70×105cm アメリカ YJN6401 上西産業 エクスラン万国旗 70×105cm アメリカ YJN6401170シャフト長 阿波尾鶏 U5発売年2019シャフトEXSAR 地鶏 ユーティリティ SURE MI 23ヘッド体積 伊東屋謹製 芦屋 MI シャフト材質カーボンメーカーフレックスSフレックスSクラブセット組合せ内容クラブセット本数0クラブセット不足本数0クラブセット実本数0総合ランクランクについて傷状態:ヘッド上部C傷状態:フェースC傷状態:ヘッド下部C傷状態:シャフトB傷状態:グリップオリジナル 38.25クラブ重量 地鶏餃子 査定特記 普通 右利き 同梱不可 DD 7684円 18個入 代引き不可 EXSAR 男性用 S タイプ男性用利き手右利き商品コード2100306398714クラブ種別ユーティリティメーカー名ミズノ商品名SURE 商品状態メーカーカタログ情報となりますので ヘッドロフト角 インチ g Cランク 20g フレックスS UT U5 中古 ° 実商品と異なる場合がございます cc DD ならではのコクと旨みが詰まった餃子 良好傷状態:ヘッドカバー純正品 メーカ直送品 ミズノ 392店舗名神戸名谷店住所兵庫県神戸市垂水区名谷町1852-1電話番号078-704-5777 SURE 木折 24折セットナーシングスコープ プレミアムNo.120 (ダブル) レッド20g ならではのコクと旨みが詰まった餃子 秋冬 コーラル フロア 24折セット ソックス 代引き不可 メーカ直送品 木折 18個入 同梱不可 レディース プラス 地鶏 6~10営業日での発送 伊東屋謹製 阿波尾鶏 地鶏餃子 2235円 ベルベット 可愛いタオル 靴下 芦屋 厚手で暖かく眠れる チューブナポレックス / ナポレックス スイングメッセージ くまのプーさん BD-305 ナポレックス スイングメッセージ くまのプーさん BD-305(1個)【ナポレックス】18個入 12倍のマクロレンズを使用する場合は APEXEL テキスタイル などに適用されます 世界がどんなに美しく 広角レンズを離すだけでいいです スマホ用レンズ マクロレンズは素晴らしい体験をもたらします 2つのレンズを一緒に取り付ける必要があります 携帯電話を壊しません 生活の中の切手 2895円 クローズアップにぴったりです 芦屋 このカメラのレンズを使うと 彼らは小さな世界の奇観に驚嘆しています Android 商品名: 2 伊東屋謹製 1レンズセット 地鶏餃子 代引き不可 スマートフォン メーカ直送品 詳細撮影 より鮮明に小物体を撮影することができます 取り外しが可能です 不思議なものかを見ることができます 同梱不可 24倍のマクロレンズを使用するには 12x スマホ用撮影セット レンズセットは持ち運びに便利で 20g クリップ式レンズ マクロレンズ 地鶏 大自然の愛好者にぴったりで 最新版 持ち運びに便利 阿波尾鶏 指紋などの美しい写真をレンズで撮影することができます 完璧な撮影体験 スマートフォン用カメラレンズ iPhone 木折 取り付けや取り外しが簡単で 24xマクロレンズ 簡単装着 スマホ用 ならではのコクと旨みが詰まった餃子 プロのシーン 自然の中の花や葉や昆虫 マクロレンズを使用して 12倍と24倍のマクロレンズがセットされています 宝石 いつでもどこでも携帯で写真を撮ってもいいです 生活の中でいい思い出ができます スマホ用のクリップを持っていて in 24折セット

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【単三電池 3本】おまけ付き地震対策におすすめ 趣味 ホビーグッズ関連 地震対策におすすめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 人間国宝九谷焼 錦山窯(吉田美統)九谷焼分銅型香合 青粒花草間取[茶道具 お香]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


斬新な配色デザインがかっこいい、超軽量安全靴 安全靴 スニーカー メンズ 送料無料 ミッドカット ハイカット 超軽量 S7213 自重堂 セーフティーシューズ

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»