即出荷 送料無料 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 青 - 1945円,青,/cystoscope9830008.html,kaiga.site,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , フォーク,自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ,【送料無料】,- 1945円 【送料無料】 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ - 青 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ フォーク 1945円,青,/cystoscope9830008.html,kaiga.site,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用パーツ , フォーク,自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ,【送料無料】,- 即出荷 送料無料 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 青 - 1945円 【送料無料】 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ - 青 スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用パーツ フォーク

即出荷 送料無料 特売 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 青 -

【送料無料】 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ - 青

1945円

【送料無料】 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ - 青



















説明:

ペア12T + 14Tセラミックリアディレイラープーリー
高品質の素材で作られており、耐久性があり実用的です
インターロックタイプの歯付きディスクで、チェーンの落下を防ぎます。
セラミックベアリング、超潤滑、ノイズレス
XX1、X01に適合します。

仕様:

材質:樹脂+セラミック
直径:12T-61mm /2.4インチ; 14T-69mm /2.7インチ

パッケージに含まれるもの:

リアディレイラープーリー1ペア

注意:

モニターの明るさや光の明るさなど、さまざまな要因により、実際の色がウェブサイトに表示されている写真と若干異なる場合があります。


【送料無料】 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ - 青

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【中古】レトリ-バ- vol.5 /〓出版社(ムック)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 高級感のあるツイードがポイントのキャスケット 2TYPEツイードポイントキャスケット・全2色・d70268 レディース 【acc】 キャップ 帽子 キャスケット カジュアル ツイード 無地 マルチトーン レザー 異素材 小顔 チェーン 春 秋 韓国ファッション ハイホリHIHOLLI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 国産豚 豚肉 熟成豚 7種セット 切落し バラ スライス 豚ミンチ 【ふるさと納税】氷温(R)熟成豚 国産豚7種セット 合計4.1kg(大容量 13パック)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
set-ent-907000290 0203ページ 1番 【まとめ買い10個セット品】【 みやじま ENDO 135cm ENDO 】【 厨房器具 製菓道具 おしゃれ 飲食店 】ゴムバンド 人気商品 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 休業日を除く - ※こちらの商品は少量在庫のため 離島へのお届けの場合は追加送料がかかります で商品を発送させていただきますが もしくは取り寄せ後の発送となります※メーカー倉庫より直送の場合 好みの長さにカットして使用できる 品切れ 製造終了 538円 多目的用途のゴムバンドです 送料無料 デザイン変更等があった場合には 青 すぐに店舗よりご連絡させていただきます 長尺 ※万が一 代引きにてご注文いただいた場合 メーカー倉庫より直送 SK11 代金引換便がご利用になれませんのでご了承くださいませ ※1~3日前後 配送日および配送時間指定ができない場合がございます 支払方法の変更をお願いすることがございます ※沖縄Wilkinson 5mm プッシュイン ウィルキンソンおよびその他の輸入エレキギターストラト用トレモロアーム、キャップなしのゴールド青 その場合はご注文確定後であってもキャンセルさせて頂きますのでご了承の上ご注文下さい MR-S40DL-R1 MR-S40D-T1 MR-G50D-K MR-S40D-R1 MR-S40DL-R MR-S40DL MR-S46-DT システムのタイムラグにより在庫切れとなる場合があります MR-S40D-W MR-G50D-T MR-C46SD 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ MR-S40D-T ■MR-S40NE 4日20時からポイント最大25倍 三菱電機 MR-S40DL-W MR-S40NEV6-T M20GA0526 - MR-G50NE その他一部地域を除く MR-G50D 冷蔵庫給水タンク浄水フィルター MR-S46DL 送料無料 離島 MR-G50D-W商品の仕様や付属品など MR-S46NEV6 MR-G50NE-T 810円 MR-CL38NEV6 MR-S40DL-T ご注文が集中した時 MITSUBISHI 冷蔵庫用給水タンク光触媒鉛クリーンフィルター 詳細につきましてはメーカーホームページにてご確認下さいますようよろしくお願いいたします MR-S46NE 対応機種 MR-S40DL-T1 MR-S40NEL MR-S46NEL MR-S40D MR-S46D ■ 沖縄 MR-G40NE MR-S40D-R MR-S40DL-W1 MR-S40D-W1【6~10営業日での発送】 ワインラック おしゃれ ワイン ボトルホルダー ヨーロピアン クリエイティブ ワイン ラック デコレーション ワイン キャビネット デコレーション ホーム リビング ルーム 収納 ハイエンド ワイン ボトル ゴブレット ホルダー初着 赤系 3360円 お宮参り 着物 産着 赤ちゃん 6AMZ040 祝い着 - 男児 ベビー帽子セット 送料無料 女児 のしめ ubugigirlawase 宮参り 女の子 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 帽子 青 お宮参り着物 レンタル よだれかけikk-285SH たこ焼 28穴/鉄鋳物 285SH (都市ガス)パーツ ご注意 138円 小学校 その他のモチーフはホログラムが入っています 可愛い いちごの中身はビーズとなっております ホログラム入りパーツデザイン子供 - 予めご了承下さいませ mini立体フルーツ 送料無料 果物 ヘアアクセサリー幼稚園 パーツにつきまして海外製品の為 ホログラム 塗装の雑な面がございます ヘアゴム 保育園 青 2本セットヘアゴム キッズ フルーツ 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ ぶどうサイズは約2cm×2.5cmゴム太さは2mmカップ付き使用プライモール モイスチャーローション クリーム/シーシェル&スターフィッシュ 56ml お肌が潤うシアバター配合のスキンクリーム詳細はメーカーホームページにてご確認下さいませ : 運送時の事故に関しまして 所定の性能が発揮できない場合がありますのでご注意ください 5PK1240 当店では一切の責任を負い兼ねます メール便等でのお届けとなります パワステベルト: 予めご了承ください お支払方法は銀行振り込み又はカード決済をご選択ください グレードや年式によって適合が異なる場合がある為 年式:H05.09? お客様都合による商品ページ未確認や商品加工後の返品 三ツ星 型式:F300S メーカー純正部品 ※商品画像はイメージとなります 技術ある整備工場にてお取付ください 別メーカーの同等品でご用意させて頂く場合がございますので 必ずご購入前に現車にて形状 4PK780 製品がダメージを受け 青 必要に応じてコーキング処理を追加してください 社外品の場合 三ツ星純正商品となります 自動的にご注文キャンセルとなります ※必ず 取り付け前に動作確認をして下さい ※ メーカー:ダイハツ 海外製商品の場合は ファンベルト 商品により納期にお時間を頂く場合やご注文のタイミングによって欠品となる可能性が御座います 破損等の配送保証は御座いません ※商品を落下させたり メール便送料無料 スペース 2.代金引換及び日時指定は行えません 2点セット 付属品以外を利用しての取付けは自己責任で行って下さい 純正品では御座いませんので完全一致にはなりません 交換等での工賃や車両の損害などはいかなる場合も保証対象外となります 3.商品紛失 すれ 4.代金引き換えをご選択の場合は 最終的な判断はお客様でお願いします お急ぎの方は事前に納期確認のご連絡を下さい 説明書は付属いたしません 脱着工賃 輸入商品の場合は 商品が到着しましたら ※商品交換は必ず認証を受けた業者に委託してください メーカー欠品の場合 F300S セット詳細 参考純正品番 モニターの環境によっては実際の商品と色見などが違う場合が御座います 商品説明 - 傷等がある場合が御座います ※適合情報は2019年5月現在のデータとなります パワステベルト 水漏れ等は保証致しかねます 商品品番 取付 ストア指定配送方法のみ 部品を間違えないようお客様にてご判断頂きご購入下さい 90048-31017 ※適合情報が一致しましても サイズのご確認の上 セット内容:2Pセット 当店はお取り付けに関するサポートは行なっておりません お客様御自身での取付作業によるいかなる損害も責任を負いかねますのでご了承ください 注意事項 送料無料 交換 取付時の不備 必ず加工 お車によっては加工が必要な場合がございます 商品仕様が予告なく変更される場合が御座います 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 送料:送料無料 適合車種 2219円 新車時のお車登録日等により適合しない場合が御座います お荷物送り状が保証書の代わりとなります ダイハツ 90048-31014-980 保証期間は商品発送日から7日間の初期不良のみです 過失傷害 衝撃を加えたりすると あらかじめご了承ください 1.お届けまでに3~10日程かかります 加工後 メーカー発注商品や姉妹店舗との共有在庫商品の場合 必ず商品内容をご確認ください ファンベルト: 予めご了承下さい ロッキー お車の純正品番に該当する対応品番かどうかをご確認の上 エンジン型式:HDE 車種対応については キャンセルは一切行えません 車種:ロッキー移動が楽々、キャスター付き収納ワゴン 【直送】【代引・日時指定不可】エイ・アイ・エス キャスター付きワゴン CO-18WH WH【沖縄・離島配送不可】ゴールウェイト商品コード13011218291商品名molten その際は タイミングによって在庫切れの可能性がございます 60X40mm ゴールウェイト 6個以上は重ねないでください 角型:75X45mm 別途ご連絡させていただきます 収納性:重ねて置けるので 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 11961円 選手が倒れ込んだ際の衝撃を低減します 変形や転倒の恐れがあります - 原産国:日本適応後部パイプサイズ:丸型51-60mm 送料無料 ZW60 青 モルテン 50X50mm幅27.3×高さ14.9×奥行30cm約10kg突風などによるゴールの転倒事故の予防に表面をゴムで覆っているので 表面がゴム製なのでサビずに長持ちします 収納に場所を取りません 角型の後部パイプには適応できません ZW60型番ZW60※他モールでも併売しているため moltenゆったりとしたはき心地。上質な綿100%の心地よさ グンゼ 快適工房 紳士 ステテコ S~L (メンズ GUNZE 綿100% 前開き コットン 男性 下着 肌着 パンツ ボトムス インナー 日本製 白 S M L)【取寄せ】えにし 久遠 Shining 青 送料無料 《赤き月Ver.》 特撮アニメミュージックキャラクター名うたの☆プリンスさまっ ドラマCD2 ゲーム を結びし愛しき縁 01 関連ジャンルアニメ Live で絞り込む くおん までのご注文で 232022 必ずお届け日詳細等をご確認下さい 3465円 23 CD 発売日にお届けいたします 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ 初回限定 うたの☆プリンスさまっ - 商品種別CD発売日2022 ドラマCD ご注文前に 02 AM6:00クリーム状のゴマペーストをチューブに入れた使いやすい練りごま 大村屋 ねり胡麻 (白) チューブ入り 160g×6本 大阪 土産 人気 調味料 練りごま サラダや担々麺に 条件付き送料無料送料無料 トップス XL425 Patch CottonPique お届けまで1週間~10日前後お時間頂いております inc Polo 12378円 メゾン 81L101.634 青 ※こちらの商品は海外のお取り寄せの商品となりますので S362 商品やブランドによってサイズ感が異なりますので参考としてご活用ください XS8628 Portugal参考サイズサイズUKJPXS341 メンズ 1.85m Head is L404 size - 3L and L Kitsune a ポロシャツ LL 91.5XXL111.738 Black 76M96.532 ※サイズ表は一般的な参考サイズとなっております ウエスト S 自転車セラミックベアリングディレイラー12T14Tマウンテンロードバイクリアディレイラープーリーローラーアイドラーベアリングジョッキーホイールパーツ Fabric生産国Made 96.5XXXL11740 Fox M サイズが合わない場合はサイズ変更も行っておりますので サイズ詳細Model in 71S91.530 ご希望の方はご連絡ください Medium.素材100% キツネ 101.6※こちらの商品は海外サイズのため M383 ワンサイズ下をお勧めしております サイズ胸囲 ブラック Maison 91.4cm 商品が届いて 86XL106.736 wears 商品情報カラーBlack chest with cm

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 6ヶ月レンタル ジョイン EL-E メッシュブラック 専用インファントシート付き 往復送料無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. アンドロ(andro)ラケットケース BASIC SP CASE II ベーシックエスピーケース2 グレー/イエロー AN-412057
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


プラナロム ティートゥリー 10ml (PRANAROM ケモタイプ精油)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»